ネズミ駆除は実績で選ぶ!|健康被害が発生する前に連絡しよう

ウーマン

刺激を与えないことが大切

蜂

夏から秋にかけて注意しなければならないのが、ハチの存在です。中には害のない種類もいるのですが、刺されることによって毒が体にまわりアナフィラキシーショックという重篤な症状を引き起こすことがあるのです。これはアレルギー症状の一種であり、いつ発症するかわからない恐ろしい症状であると言えます。初めて刺されて発症することもありますし、何回か刺されてから発症することもあるのです。少し処置が遅れたりすると、死に至ることもありますので十分な注意が必要です。特に、スズメバチなどの凶暴な性質を持つ種類は近寄っただけでも刺してくることがありますし、持っている毒も強いことが多いです。一目見ただけでどの種類であるか判断するのは難しいですが、胴がくびれた種類であった場合には近寄らないようにしておくのが安心でしょう。また、最も凶暴なスズメバチの場合はボール状の巣を作りますので、巣の形にも注目してみるとよいです。これらのことから危険な種類であると判断した場合、ハチ退治を行なっている業者に早めに連絡することをおすすめします。専用の防護服や道具がなければ自力でハチを退治するのは危険ですし、下手に刺激を与えてしまうと被害が広がる可能性があります。ほとんどのハチ退治業者が年中無休で受付対応をしていますので、ハチや巣を見つけたらすぐに連絡することができます。ベランダや庭先などに巣を見つけた場合、可能であれば隣近所へ連絡をしておくこともおすすめです。また、ハチ退治業者が来るまでは自分たちも巣に近寄らないようにすることと、ハチが家の中に入ってこないようにだけ対策をするとよいでしょう。