ネズミ駆除は実績で選ぶ!|健康被害が発生する前に連絡しよう

ウーマン

健康への悪影響

ねずみ

家に住みつく害獣の代表として、ねずみが挙げられます。ペットとして飼われることもありますが、勝手に家に住みついた野生のねずみは危険な害獣であると言えるのです。まず、ほとんどの野生動物に言えることですが、様々な病原菌や雑菌を持っています。そのため、不用意に触ることは避けるべきでだと言えます。これは手に菌が移るだけでなく、野生であるために咬みついてくることがあるためです。咬まれることによって鼠咬症やアナフィラキシーショックを引き起こす可能性があるため、触ってしまうだけよりも危険です。鼠咬症もアナフィラキシーショックも死に至る可能性のあるものであり、特に小さなお子様やご高齢の方は注意が必要でしょう。また、ねずみに寄生したノミやダニによるアレルギー被害も予想されますし、排泄物から感染する病気もいくつかあります。その中でも、サルモネラ症を発症させるサルモネラ菌は排泄物に多く含まれており、これも重症となれば死に至る病気なのです。このように、深刻な健康被害が懸念されるため、ねずみ駆除は早めに行った方がよいでしょう。しかし、家に何匹住み着いているのかや住処にしている場所を特定するのは素人にとって難しいことです。そのため、ねずみ駆除は業者に依頼するのがおすすめなのです。ねずみ駆除の業者を選ぶ際には、なるべくアフターフォローのあるところを選ぶようにするのがよいです。アフターフォローの付いているところであれば、ねずみ駆除が完了したあとに再び発生するようなことがあっても安心でしょう。